四国・香川の風土が育てた丹念に育て上げられた讃岐三畜

このページの先頭です。
瀬戸内海の温暖な気候風土のなかで、丹念に育て上げられる「讃岐牛」「讃岐夢豚」「讃岐コーチン」。香川県を代表するおいしいブランド「讃岐三畜」です。

讃岐三畜は、肉質にこだわり、味にこだわった、香川県産銘柄肉です。

みなさんご存知のようにお肉屋さんに陳列されている「お肉」には産地などの名前が付いています。
このようなお肉は「銘柄肉」とか「ブランド肉」といわれます。

香川県産銘柄肉「讃岐三畜」とは

香川県は、瀬戸内の温暖な気候風土に恵まれ、昔から家畜の飼育が盛んに行われてきました。 香川県では、香川(讃岐)の豊かな自然環境の中、讃岐の人々のたゆまぬ努力と細心の心配りから、讃岐がほこれる銘柄牛が生産されています。
香川県を代表するおいしいブランド「讃岐三畜」は、香川県の特産畜産物「讃岐牛」「讃岐夢豚」「讃岐コーチン」のことで、品質、味のよさで多くの人々に賞賛されています。「讃岐三畜」は、本県特産畜産物であります「讃岐牛」「讃岐夢豚」「讃岐コーチン」を、昔の讃岐の特産品であった「綿」「塩」「砂糖」の「讃岐三白」になぞらえて、平成10年に「讃岐三畜」として一体的に普及推進するために、そう呼ぶことにしたものであります。

「銘柄肉」「ブランド肉」とは

銘柄牛とは

黒毛和種などから肉質のよい素牛を選んで、各地域独特の肥飼技術を生かして育てています。 産地名などをつけて販売されている牛肉は全国で120銘柄以上あります。

銘柄豚とは

わが国では欧米の品種が数多く導入され地域毎に良い品種の交雑で、さまざまな銘柄が生まれています。 現在のところ、生産方法について統一されていないところもあります。

銘柄鶏とは

在来種や在来種に肉用種を交配した品種改良が進められ、地鶏として飼育されています。 これら地鶏の飼料や飼育期間など肥育方法を工夫し、地域名などをつけたものが銘柄鶏と呼ばれています。

讃岐三畜と一般家畜との比較

讃岐三畜と一般家畜との比較表
讃岐牛 讃岐夢豚 一般豚 讃岐コーチン ブロイラー
肥育日数 30ヶ月 210~240日 180~200日 80~90日 60日(2ヶ月)
体重 600~700kg 110kg 110kg 3.0kg 2.6kg

△このページの先頭へ