瀬戸内の気候が育てたオリーブ。かがわの風土が育てた黒毛和牛。

このページの先頭です。
オリーブが育てた讃岐牛。それが“オリーブ牛”。日本のオリーブ栽培発祥の地であり、100年を越えた歴史を誇る、香川県・小豆島のオリーブ。瀬戸内の温暖な気候風土のなかで、古くから育まれてきた讃岐牛。二つの歴史が融合し、香川県だからこそなし得たプレミアム黒毛和牛。県木・オリーブ絞り果実を与え育て上げた讃岐牛、それが「オリーブ牛」です。

TOPICS

オリーブ牛イベント情報
オリーブ牛レシピ
オリーブの島から生まれた 循環型農業の夢

“オリーブ牛”ヒストリー。古くから讃岐の国の人々に親しまれ、風土に根ざした「讃岐牛」。その中でも、特に愛情を持ってオリーブを給与されたものを慈しみを込めてオリーブ牛と呼ぶ。

歴史、技術、気候風土…それらの要素が融合し生まれた奇跡。
私たちだからこそなし得た、「オリーブ牛」誕生までの歴史とは。

ヒストリー
オリーブの歴史

日本のオリーブ栽培発祥の地
日本でのオリーブ経済栽培は、明治四十一年(1908年)に全国3県に輸入したオリーブ苗木を植えたのがはじまりで、結果、香川県(小豆島)に植えられたものだけが根付きました。 以来、小豆島は「日本オリーブ栽培発祥の地」として知られています。

ヒストリー
讃岐牛の歴史

瀬戸内の温かな風土に育まれた
「讃岐牛」

香川の牛の歴史は古く、西暦七百年に遡ります。 明治十五年、小豆島で全国に先駆け和牛の肥育がはじまります。 大正のはじめには、京阪神で高い評価を受け「讃岐牛」の愛称で呼ばれます。 たゆまない努力、恵まれた気候風土のなかで培われた肥育技術。 品質の高い「讃岐牛」を生み出す“智恵と技”は生産の礎となっています。

ヒストリー
オリーブ牛の誕生

ふたつの歴史が融合した
香川県だけの黒毛和牛

小豆島の特産であり、香川県の県木でもあるオリーブ。 小豆島の肥育農家が、オリーブオイル搾油後の果実を飼料化することに成功。 瀬戸内海の温暖な気候風土と、オリーブに育まれた「讃岐牛」。 香川県だからこそなし得たプレミアム黒毛和牛、それが「オリーブ牛」です。

地図

「オリーブ牛」の食味構成要素分析結果

品質の証し「讃岐牛」 
美味しさの証し「オリーブ牛」

「讃岐牛」だけに与えられる
「金ラベル」と「銀ラベル」。

「讃岐牛」は、県内で肥育された血統明確な黒毛和種で、枝肉が(社)日本食肉格付協会制定の牛枝肉取引規格の歩留等級A、Bで肉質等級5、4等級(金ラベル)、3等級(銀ラベル)のものです。

(社)日本食肉格付協会制定の牛枝肉取引規格
歩留等級肉質等級
54321
AA5A4A3A2A1
BB5B4B3B2B1
CC5C4C3C2C1

*歩留等級:Aは部分肉歩留が標準より良いもの。Bは標準のもの。Cは標準より劣るもの。
*肉質等級:脂肪交雑、肉の色沢、肉の締まり及びきめ、脂肪の色沢と質の4項目で判定されます。

「オリーブ牛」と呼べるのは…
「オリーブ牛」は、讃岐牛の中でも、讃岐牛銘柄推進協議会が定めるオリーブ飼料を同協議会が定める給与期間・給与量で育てられた香川県産黒毛和牛のことです。

信頼のダブルブランド

“品質”と“美味しさ”保証の目印。

ラベル
新しいラベル

オリーブ飼料のひみつ

オリーブオイル搾油後の果実はそのままでは牛は食べてくれません。乾燥させることにより、オリーブの糖分がカラメル風の香りを生み、牛の飼料として利用できることを発見しました。

美味しさのひみつ

オレイン酸を豊富に含むことで知られているオリーブ。 その、オリーブ搾り果実を黒毛和牛に給与することにより「讃岐牛」の品質・美味しさの向上を目指しています。

小豆島オリーブ牛


小豆島オリーブ牛研究会メンバー

オリーブ牛発祥の地でもある、小豆島の肥育農家(小豆島オリーブ牛研究会)が育てたオリーブ牛は、「小豆島オリーブ牛」として表示されています。

△このページの先頭へ

オリーブ牛プロモーションビデオ